鶴岡保険事務所 | 鹿児島市荒田の生命保険から火災保険まで保険代理店

業界最高ランクハイグレードエージェント認定代理店

  • 医療保険
  • 死亡保険
  • 女性向けの保険
  • がん保険
  • 持病がある方
  • 自動車保険
  • 法人向け保険

お任せください!お客様お一人おひとりに合った保険をご提案します。

Procedure of insurance

お役立ち情報

初七日法要

ご遺骨とともに帰宅し精進落しをします

火葬場から戻られた人は「お清め」をし、後飾り祭壇にと遺骨と位牌を安置します。
一向、後飾り祭壇の前にすわり、読経の後、焼香します。本来、初七日法要は亡くなった日から数えて7日目に営みますが、親戚が遠隔地に住んでいるなどの諸事情で、これを初七日法要と兼ねる場合が多くなっています。その後、僧侶、世話役、関係者など、葬儀でお世話になった方々をねぎらう会食(精進落し)を行います。終了後、お布施やお礼を手渡します。

葬儀の事務を引き継きます

事務を担当してくれた関係者から伝言などを聞き、弔問客記帳簿、香典、香典帳、供花・供物の控帳、弔電、弔辞、領収書を受け取り、引き継ぎます。

精進落し

精進落しの席では、僧侶やお世話になった方々を上座にすえ、喪主やご遺族は労をねぎらう立場ですので末席に座ります。喪主は、葬儀が無事に済んだことに対してお礼の言葉を述べ、接待の役にあたります。1 時間ほどを目処に喪主もしくは親族代表が挨拶に立ち、これでお聞きとします。

Copyright © TSURUOKA Insurance Office 2022 All Rights Reserved..