鶴岡保険事務所 | 鹿児島市荒田の生命保険から火災保険まで保険代理店

業界最高ランクハイグレードエージェント認定代理店

  • 医療保険
  • 死亡保険
  • 女性向けの保険
  • がん保険
  • 持病がある方
  • 自動車保険
  • 法人向け保険

お任せください!お客様お一人おひとりに合った保険をご提案します。

News

鶴岡保険事務所の新着情報

香典返し

仏壇を購入し、四十九日の法要をします 仏壇を購入する場合は、一般に四十九日までに購入し、四十九日法要の際に開眼供養をします。四十九日の法要のとき、白木位牌から本位牌に替え、仏壇に安置します。後飾りは取り払います。その後、必要な方へは挨拶状とともに香典返しの品を送ります。 香典返し 香典返しは、葬儀当日か葬儀後に行います(地域などにより異なります)。葬儀後に香典返しをする場合は、忌明け前後に行うことが多く、お返しの品にお礼状を添えます。また、お返しの品の目安としては、いただいた香典金額の1/2〜1/3程度が多いようです。

納骨

お墓を決め、納骨します お墓のない場合は四十九日、百か日を目安にお墓を決め建立します(最近では、一周忌、三回忌などの年忌にあわせるととも多いようです)。その後、納骨供養をし、お墓にご遺骨を納めます。 墓地の選び方 墓地には、寺院の墓地のほかに、都や市の公営墓地や民営の墓地などがあります。公宮の墓地は、各霊園によって募集の条件や募集時期が異なります。また、毎年募集を行っていない霊園もあります。予算や交通の便なども考慮して選定しましよう。 年忌法要 亡くなられてから一年目に一周忌を営み、その翌年満二年目に三回忌を営みます。七回忌(満六年目)、十三回忌(満十二年目)、十七回忌(満十六年目)、三十三回忌(満三十二年目)、五十回忌(満四十九年目)と続き、回を追うごとに簡略化されます。

四十九日法要

仏壇を購入し、四十九日の法要をします 仏壇を購入する場合は、一般に四十九日までに購入し、四十九日法要の際に開眼供養をします。四十九日の法要のとき、白木位牌から本位牌に替え、仏壇に安置します。後飾りは取り払います。その後、必要な方へは挨拶状とともに香典返しの品を送ります。 香典返し 香典返しは、葬儀当日か葬儀後に行います(地域などにより異なります)。葬儀後に香典返しをする場合は、忌明け前後に行うことが多く、お返しの品にお礼状を添えます。また、お返しの品の目安としては、いただいた香典金額の1/2〜1/3程度が多いようです。 遺品形見の整理をします 遺品整理は早めに済ませましょう。形見分けは、目上の方にはかえって失礼にあたる場合もあるので慎重にします。形見分けの時期は四十九日が一般的です。
Copyright © TSURUOKA Insurance Office 2022 All Rights Reserved..